Letter from CAIRC
ニュースレター<Letter from CAIRC>を通し、CAIRCの活動をご紹介しています。

2007

2007. 9 Vol.11 No.1
第9回 CAIRC「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」奨学金研究発表会開催

2006

2006. 10 Vol.10 No.3
第8回 「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究発表

2006. 7 Vol.10 No.2
第9回 CAIRC 「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」
研究奨学金給付者決定

「あなたにぴったりの犬種をみつけよう」好評配布中!

2006. 2 Vol.10 No.1
第7回 CAIRC 「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究発表会開催!
都市生活や現代社会を反映したテーマに注目が集まる

第9回CAIRC「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」
研究奨学金募集のお知らせ

2005

2005. 6 Vol.9 No.2
ペットをもっと知ろう 犬種について考えよう
CAIRC Webに新コンテンツ「あなたとペットのたのしい暮らし」登場!

2005. 5 Vol.9 No.1
“ペットの癒し効果”を科学する
ペット飼育は“高齢者の予防医学上”効果的!

第8回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」
研究奨学金給付者決定

2004

2004. 10 Vol.8 No.3
ペットから受ける様々な効用に関する最新の研究、発表される
―『第10回 人と動物の関係に関する国際会議』英国・グラスゴー市で開催―

第8回CAIRC「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」
研究奨学金募集のお知らせ

2004. 7 Vol.8 No.2
第6回を迎えたCAIRC「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究発表会開催!
多彩な学問分野から、若手研究者が人と動物との関係に迫る!

2004. 6 Vol.8 No.1
「集合住宅とペット」アンケート調査実施
急速に変化している集合住宅でのペット飼育実態調査を実施

「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」
教育、福祉の分野における"貢献"への関心深まる
−第7回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」給付者決定!−

2003

2003. 12 Vol.7 No.3
ペットへの愛情が高齢者の健康維持に好影響
−コンパニオンアニマル リサーチ助成研究結果まとまる−

第7回CAIRC「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」
研究奨学金募集のお知らせ

2003. 7 Vol.7 No.2
第5回を迎えたCAIRC「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究発表会開催!
幅広い研究分野からの多彩なアプローチに注目集まる

2003. 6 Vol.7 No.1
第6回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究奨学金給付者決定

3年目を迎えたCAIRC Webがさらに充実!
新しくサイトマップも開設します

2002

2002. 12 Vol.6 No.4
人とペットが共生できるコミュニティづくりを目指し
第2回『集合住宅とペット』110番開催

第6回CAIRC「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」
研究奨学金募集のお知らせ

2002. 10 Vol.6 No.3
第4回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究発表会開催!
期待の研究領域からのアプローチに注目集まる

好評につき第2回「集合住宅とペット」電話相談室を開催
獣医師、弁護士などそれぞれの分野の専門家を集めて
ご相談を受け付けます!
−第2回<集合住宅とペット>110番

CAIRC Webに新展開!
ペットオーナーのニーズに応えて
全国各地の「ペットにやさしい不動産会社・管理会社」リスト掲載中

2002. 7 Vol.6 No.2
コンパニオンアニマル リサーチ主催
シンポジウム「子どもとペットとの大切な関係」
−動物・自然が及ぼす子どもの「心の発達」への影響−
教育関係者・研究者・獣医師・学生など約230名の出席者を集めて開催

第5回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究奨学金給付者決定
応募総数46件、研究奨学金給付者5名を選出

2002. 4 Vol.6 No.1 
ペット可賃貸集合住宅、全国各地で着工始まる
“犬や猫と暮らす「経営 管理サポート読本」”好評配付中

教育関係者向けシンポジウム「子どもとペットとの大切な関係」開催
参加者募集中

2001

2001. 11 Vol.5 No.6
『集合住宅とペット』110番を開催
2日間で北海道から沖縄まで130件の相談が寄せられる

第5回CAIRC「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」
研究奨学金募集のお知らせ

2001. 10 Vol.5 No.5
第9回「人と動物の関係に関する国際会議」
「人と動物ー21世紀へのグローバルな展望」をテーマに、
ブラジル・リオデジャネイロで開催

「集合住宅とペット」電話相談室
11月16〜17日の2日間、専門家を集めて受付けます

2001. 8 Vol.5 No.4
第9回「人と動物の関係に関する国際会議」迫る
世界中からの期待を集め、9月、リオデジャネイロで開催

2001. 7 Vol.5 No.3 
第3回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究成果発表会開催
バラエティに富んだ、学際的な研究内容に注目集まる

第4回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究奨学金給付者決定
幅広い分野の研究に選考委員の期待集まる

2001. 5 Vol.5 No.2
猫を感染症、交通事故から守り、近隣とのトラブルを避けるために
集合住宅では猫の屋内飼育をおすすめします

2001. 3 Vol.5 No.1
集合住宅におけるペット飼育
既存の集合住宅が抱える問題を考える

2000

2000. 11 Vol.4 No.5
CAIRCが国際的組織、IAHAIOに加盟!
「人と動物の関係学」への貢献が国際的に認められる
IAHAIO会長、デニス・ターナー博士が来日しCAIRC主催プレスセミナーが開かれる

2000. 10 Vol.4 No.4
建設・不動産・管理組合関係者の大きな期待を受け、
福岡、大阪でもシンポジウム開催!
−シンポジウム『集合住宅におけるペットとの暮らし』―

2000. 7 Vol.4 No.3
第2回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究結果発表会開催!
幅広い学問領域からのアプローチに注目集まる

2000. 5 Vol.4 No.2
第3回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究奨学金給付者決定!!
次代を担う若手研究者に選考委員の期待集まる

2000. 3 Vol.4 No.1
人と動物のよりよい共生に向け不動産各社の取り組み、いよいよ本格化

1999

1999. 11 Vol.3 No.4
ペット可集合住宅建設に不動産関係者の関心高まる
「人間とコンパニオンアニマルとのよりよい共生を目指して」をテーマに
シンポジウム『集合住宅におけるペットとの暮らし』開催!

1999. 7 Vol.3 No.3
第1回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究結果発表会開催!
若手研究者の発表に報道陣からも期待集まる

1999. 5 Vol.3 No.2
人と動物の関係学への学問的関心高まる!
―第2回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究奨学金給付者、決定 !! ―

1999. 4 Vol.3 No.1
人と動物のよりよい共生に向けてペット対応マンション次々に誕生!

1998

1998. 10 Vol.2 No.6
『第8回人と動物の関係に関する国際会議』
「動物の変わりつつある役割」をテーマに、783名を集めて開催!
―東欧の古都、プラハに日本からも99名が参加―

1998. 7 Vol.2 No.5
「第8回人と動物の関係に関する国際会議」プラハ大会、開催迫る!

1998. 6 Vol.2 No.4

人と動物の関係学への学問的関心高まる!
−第1回「人間とコンパニオンアニマルとの関係学」研究奨学金給付者決まる−


1998. 5 Vol.2 No.3
集合住宅での犬猫飼育へ高まる関心
〜建設・不動産、管理組合、行政などの取り組みが広がる〜

1998. 3 Vol.2 No.2
人と動物が共に生きていくためには
〜共生のフレームワーク(枠組み、基盤)づくりが急務〜

1998. 1 Vol.2 No.1
人とコンパニオンアニマルが共生できる街づくりとは
〜集合住宅(アパート、マンション)での動物飼育は認可の傾向に〜
「コンパニオンアニマル リサーチ」が集合住宅での犬・猫との暮らし方の
テキストブックを発行、2月1日から配布開始

1997

1997. 12 Vol.1 No.2
集合住宅(アパート・マンション)でペットと快適に暮らすためには(後編)

1997. 12 Vol.1 No.1
集合住宅(アパート・マンション)でペットと快適に暮らすためには(前編)
copyright