人と動物の関係学 子どもとペット
アイコン
近年、子どもの心の教育や情操教育の重要性がクローズアップされています。人間は身近な自然や動物たちからたくさんのこと、大切なことを学んできました。しかし、都市開発や情報化が進み、自然に触れたり、動物に触れたりする機会が圧倒的に少なくなってしまいました。一方、世界各国では人間とペットのつながりについての研究が多く行われ、ペットが人間にあたえる心理的、生理学的、社会的効果が明らかにされてきています。ペットが子どもに与える効用として「心の支えになる」「責任感を育てる」「社会性が身につく」「自尊心や忍耐力が育つ」さらに「家族との会話が増える」という、科学的な研究が報告されています。コンパニオンアニマル リサーチは、子どもとペットの関係について考えていきたいと思います。
シンポジウム「子どもとペットとの大切な関係」開催
(Letter from CAIRC 2002年7月号)
copyright