人と動物の関係学

「人と動物の関係学」とは、人と動物のかかわりについてあらゆる方向から研究を行う学問分野です。この分野の研究が発展を見せ始めたのは1970年代。今では動物学からの取り組みだけでなく、医学、社会学、教育学などさまざまな分野からのアプローチが増えています。動物とふれあうことで心の傷を癒すなどのアニマル・アシステッド・セラピー(動物介在療法)も心理学の分野にまたがる重要な研究です。また、最近では、ペットを飼うことで血圧が安定するという研究結果も発表されています。これもこの分野の成果といえるでしょう。ストレスの大きな現代社会だからこそ、コンパニオンアニマルの果たす役割に強い期待がかかっています。

IAHAIOとCAIRC
CAIRC奨学金プログラム
  *次回開催は未定です。
コンパニオンアニマルの効用
子どもとペット
copyright